『ナカムラケイタのエッセイ配信』へようこそ

こんにちは。中村佳太です。
京都在住のコーヒー焙煎家、エッセイストです。
※詳細プロフィールは最後部に記載しています

これまでnoteでエッセイを書いてきましたが、2021年2月からはこちらSubstackにて日頃の発信をしていきたいと思います。(noteから完全移行するか、並行利用するかはおいおい考えたいと思います)

なぜSubstackか?

Substackの最大の特徴はニュースレター(メールマガジン)であること。「Subscribe」を押せば、あなたのメールボックスに僕の書いた文章が届きます。

ブログやSNSとは違う、より親近感のある書き手と読み手との関係性の中で文章を書いてみたいと思い、Substackをはじめることにしました。

何を書くか?

最近気が付いたのですが、僕には「理不尽」への強い対抗意識があるようです。

社会システムや慣習など、「大きなものによって虐げられる個人」という構図を暴露し、違う道を探りたい。そんな強い衝動があります。

だから僕の関心の中心は資本主義にあります。僕たちの暮らす社会の大きなシステムを理解したいのです。

このニュースレターでは、資本主義を中心として、テクノロジーやフェミニズム、気候変動問題など、「大きなものによって虐げられる個人」の問題について考えたことを主に書いていきたいと考えています。

サイトでも読めます

Substackではメール配信されるニュースレターの他に、サイト上でアーカイブとして同じ文章が読めます。将来的には有料購読者限定の非公開記事の配信も検討しています。

配信頻度について

不定期ですが、月に数回の配信を予定しています。

購読料について

現時点ではすべて無料とします。将来的には一部の文章の有料化も検討しています。

では、末永くよろしくお願いいたします。

中村佳太
2021年1月24日(日)
京都・大山崎の自宅にて

中村佳太 Keita Nakamura|コーヒー焙煎家/エッセイスト
(Twitter: @keitanakamu

1981年生まれ
東京工業大学大学院 理工学研究科 地球惑星科学専攻卒業(理学修士)

プライスウォーターハウスクーパース(PwC Japan)にて大企業に対するビジネスコンサルティングに5年半従事したのち、東日本大震災をきっかけにパートナーと京都・大山崎へ移住

2013年にコーヒー焙煎所『大山崎 COFFEE ROASTERS』をパートナーと共同で創業。オンラインショップからスタートし、2014年に実店舗をオープン、2018年に現在の路面店へ移転。各地のイベントへの出店多数、雑誌掲載多数(『Casa BRUTUS』『&Premium』等)

並行して2013年よりライター業を開始。『roomie』(メディアジーン)などで執筆したのち、ブログ(note)などでのエッセイの発信に軸足を移す。雑誌『STANDART Japan』やSquare Blogなどへ記事を寄稿(有償)している

主な執筆ジャンルは「資本主義・ポスト資本主義」、「ジェンダー・フェミニズム」、「科学リテラシー」

<Twitter: @keitanakamu
<ポートフォリオはこちら

全ての記事はこちらから→ website

Substackのトップはこちら→ Substack.com.